- 交通事故治療、むち打ち症

交通事故治療、むち打ち症

交通事故治療とは一般的に

・むち打ち症
・腰痛 / 手足の障害(痺れなど)
・打撲
・捻挫
・頭痛、めまい
・その他 交通事故が原因の痛み・だるさ・不快感

などの治療を指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また治療を受けていても思ったように治らなく、お困りで
いらっしゃる方々のご相談にも応じております。

※交通事故治療の場合 自賠責保険により治療費が出るので治療費や診断書料を患者様がご負担することは一切ありません。

交通事故では日常生活の中で痛めないような部分を痛める事が多く、その時は大丈夫と思っていても後から痛みが出て来ることや放置すると、痛みや二次的障害(頭痛や首痛・肩こり、腰痛)へと発展することもありますので、1日でも早く適切な治療をされることをおすすめします。

交通事故にあって、こんなことで悩んでいませんか?

  • 交通事故にあったけど、どうしていいかわからない
  • 交通事故で病院には行ったが、レントゲンを撮ってもらっただけで何もしてくれなかった
  • 湿布を処方してくれるだけで他は何もしてくれない
  • 保険会社との交渉の仕方がわからない

交通事故治療の流れ

治療までの準備

まずは警察へ交通事故の届出です。
加害者はもちろんのこと、被害者からも届け出る事が必要です。
相手方の住所・氏名・連絡先・自賠責保険の加入先を確認しておきましょう。

届出の際は、病院でもらった診断書も持参してください。

保険会社へ当院で治療することを連絡

お取り扱いの保険会社へたんぽぽ鍼灸・整骨院で治療する旨を連絡し、承諾を得ます。
後は保険会社への連絡や手続きは当院がさせて頂きます。

治療を開始

まずは事故が発生した日時、状況・ケガの症状を問診票にご記入していただきます。

事故当時の状況、その後の経緯、病院での診断内容、現在の状況などを詳しく確認し、痛みの具合、腫れ、機能障害があるかなどをいくつかの検査やテストを行ったうえで症状にあわせて治療のプランを組み立てます。
1日でも早く症状が改善されるように、鍼灸治療、手技療法、電気療法、ストレッチ療法、運動療法などを行います。
日常生活での注意点や自宅で出来る運動療法などの指導もさせて頂きます。

治療終了

症状が改善され後遺症の心配がないかを確認次第、治療を終了します。
保険会社に治療が終了した旨を報告して頂きまして完了となります。

ほっておくと怖い「むち打ち」の代表的な症状

首や肩の痛み

首を曲げたり回したりすると痛い、動かさなくてもズシンとして重い痛みがずっと続く、首や肩が以前より動かせる範囲が狭くなった、普段は気にならないが集中して作業すると首・肩がしびれて痛みが出てくる等、これらはむち打ちの中でも「頸椎捻挫」といわれ70%~80%を占めると言われています。
軽傷に分類され気付かれにくく治療が遅れてしまう場合があります。

頭痛

ずっと頭が重く疲れたときに痛みがでる、雨や曇りなど気候や気圧の変動によって頭痛がひどくなる、頭の片側だけが脈拍と同じタイミングでズキズキと痛む等、頭痛にもさまざまな種類がありますが、むち打ちでは非常に多くみられる症状です。
神経根症でも頭痛は起こる可能性はあります。

めまい

座っているのに周囲が回っているようにグラグラする、立っているとき歩いているとき地面がフワフワと不安定な感じがする、動いた瞬間にフッと意識が遠くなる等、これらはむち打ちによって首を通っている交感神経がダメージを受けた時に起きると言われています。

耳鳴り

耳の奥で「ザー」「ジー」という音がずっとまたは断続的に鳴っている、心臓の脈打つようなリズムで継続的に音がする、ふとしたときに「キーン」という音が聞こえる気がする等、交通事故でなど衝撃を受けた場合、耳の奥の筋肉が緊張状態のままでいるとこのような症状があらわれます。
むち打ちは交通事故により首に大きな衝撃が加わり、首の筋肉やじん帯が損傷してしまうことから起きます。


筋肉やじん帯などの損傷はレントゲン、MRIといった画像診断では写らないため原因を特定することが困難とされています。

しかし、むち打ちには様々な症状があり患者様の多くは「頭痛がする」「肩が痛い・重い」「耳鳴りがする」といった不調を抱えておられます。
また「むち打ちとは関係ない」と思い込んでしまい適切な治療をしないまま長く辛い思いをされている患者様の為にもお一人お一人の症状にあわせた交通事故治療を行っております。


アクセス情報

所在地

〒614-8025
京都府八幡市八幡源氏垣外1-4 ファミレやわた1F

駐車場

無料立体駐車場あり

休診日

日曜・祝祭日